家を映画館にしたい!ホームシアター

選ぶときは、スクリーンが最初

ホームシアターは自宅を映画館にできる装置です。 プロジェクターによりスクリーンに映像を映し出すことによって映画館のような迫力を出すことができます。 結構手ごろな価格でホームシアターが販売されていますので誰でも手に入れられるのですが、もしも取り入れるのでしたらまずはスクリーンから買う必要があります。 スクリーンは色々なサイズがあるのですが、部屋の大きさや壁のことなども考えて選ぶ必要があるのです。 もしもプロジェクターのほうから買ってしまいますと部屋にあったスクリーンを後で買っても適応しないこともあるからです。 映像がぼやけてしまったり、逆に映像が小さくなりすぎてしまうこともあります。 プロジェクターとはまた別に販売していますので探してみてください。 ちなみにこれは大体はロール式のものがほとんどになります。ですので普段使っていない時には天井の近くに巻き取られて邪魔にならないように収納できるのです。他にも下から出す形式のものや壁掛け式のものなどもあります。壁掛け式のものですと価格的には安価ですが風により揺れるというデメリットがあるのです。 小さな部屋でしたらあまり大きなものは買わないようにしてください。あまりにも大きすぎますとかなり後ろの方に行ってみなければいけなくなるからです。 大きな部屋でしたら大きなものを買うのもいいでしょう、 白い壁ならそのまま壁に映し出してもいいのではと思うかも知れませんが、壁が凸凹していますと綺麗に映し出せなくなることもあるのでできるだけ購入するようにしてください。質のいいものですと細かなところまで再現できますし実際の映画館と変わらないほどの映像になります。 そしてホームシアターとの相性どもあります、拡散型のものあれば反射型のものもあるのですがどちらがいいのかについては実際にホームシアターの販売している家電量販店のスタッフに聞いてみるのも方法です。 慌て買いますと後々後悔してしまうことになります。