家を映画館にしたい!ホームシアター

家を映画館風に

憧れの設備のホームシアターを

2014/06/27

ホームシアターは家が映画館のようなスクリーンで見る事ができ、専用のスピーカーでは映画館で見ているような音質で、大画面のテレビプロジェクターで見る映画は、まるで自分だけのプライベート映画館のような気分になります。 いくら大きなテレビでDVDなどをレンタルして見たとしても、ホームシアターで見る映画は全く異なった感動で出来るほどの臨場感などが体験できて、スピーカーから流れる音質は自分が映画の中に入っている主人公の気分さえ味わえる事ができるのも魅力的です。 どんな部屋でもホームシアターは設置する事が出来るのもメリットですが、賃貸などのマンションやアパートなどでは、周囲の壁などが薄いため隣近所に迷惑が掛かってしまう場合があり、音量などは注意する必要があります。 テレビ内蔵のスピーカーの音質は映画館のサラウンドに比べてしまうと、全く比較にならない音質ですがホームシアターでは音質が特に良いので、大画面から見る映画は虜に成ってしまう程の魅力があります。 ホームシアターを設置する場合のスクリーン選びは、スクリーンを設置する部屋によって選ぶ事がポイントで、最適なスクリーンサイズと適合するプロジェクターの投影距離を計算して購入する事で、部屋に合った自分だけの空間のプライベート映画館が楽しめます。 家庭用プロジェクターとして一般的な、3mの投影距離で100型の画面のサイズの製品を基準として、6から8畳の部屋にプロジェクターを入れた時、大きさに比例して設置の距離と最適に見やすいスクリーンの位置など、部屋の大きさなども考えて購入する事が大切です。 スピーカーの位置も重要になり、より映画館のように迫力がある映像を演出するのにもスクリーンの大きさや音質のバランスなどを良く考えて、部屋に設置する場所を配慮して心地よく映像が見えるようにする事がポイントです。 自分の家で映画館のような映像が見る事ができ、音質も素晴らしいホームシアターは設置する部屋を考えて購入する事がポイントです。

安いではあまりだめなのか

2014/06/27

皆さんはホームシアターに興味はありますか。ホームシアターはその名の通り、自分の家をまるで映画館さながらのようなシアターにすることです。必要なのは専用のプロジェクターとそれを映し出すための大きな壁やスクリーン、そしてスピーカーです。最近では高性能な画質のプロジェクターも昔ほど高くない金額で買えるようになってきました。それに伴い、海外製品など安い製品が次々と日本に入ってきています。そのため10年前に比べてかなり多くの方がホームシアターに興味を持ち始め、普及もされてきました。しかし、その反面、安さゆえに性能が低い粗悪品も出てきており問題にもなっています。安い製品だと何が違うのか、まず画質が違います。レンズの質はもとよりプロジェクター自身の解像度にお金をかけていない分、高性能なものに比べて大きく落ちます。そのため、プロジェクター選びは過去の実績に比べて製品の性能を数値化したものをしっかりと確認し選ぶことが大切です。

スピーカーが大きすぎたかも

2014/06/27

皆さんはホームシアターについてご興味がありますか、ご自身の家や部屋を映画館さながらの大画面と迫力ある音響効果で映画やドラマを楽しむ、大変贅沢な趣味だと思います。それらの需要に伴ってホームシアター用のプロジェクターや大型スピーカーが売れています。最近では4K画面という最高級の画素数を持つ画面も市場に登場しており、こだわりを持つ映画ファンの間で大変人気となっています。ホームシアターのメリットは特に大きな部屋が必要という訳でもなく、スクリーンを掛けられるスペースがある、またはスクリーンに変わる白い壁がある部屋ならば撮影が可能という点です。もちろん、ゴージャス気分でワインを飲みながらゆっくりと映画を楽しむのであればダイニングに大型スクリーンをセットするのが望ましいですが、スピーカーとの相性が問題になります。現在ではポール式で場所を取らない高性能なスピーカーもたくさん売れていますがプロジェクターとの絶妙なバランスが求められます。